採用情報TOP > 鈴木健広
図面の描き方や力学など、高専で学んできたことを活かせる仕事がしたいと考えていました。地元に残ることを決めたのは、周りの友人がみんな首都圏を選んだからです。友人たちが地元に帰ってきたときに誰もいないのも寂しいかなと思い、自分が残ろうと決めました。

入社後は一貫して、生産管理の仕事をしてきました。端的に言うと、お客さまと社内の製造部門の間に立ち、製造案件を管理する役割です。お客さまとは、金額や納期の調整を行い、製造部門には、図面から必要な部品を洗い出して発注するなど、下準備や進捗管理という立場で関わります。入社前は製造業という言葉から、図面を描いたり組み立てたりといった黙々と手を動かす仕事を想像していたので、関わる人の多さに驚きました。すぐに仕事を任せてもらえたおかげで、もともと自分の中にあった人見知りの部分がまった くなくなったくらいてす。最初のうちは失敗も多かったのですが、失敗をバネに成長してこれたのも、たくさんの人と一緒にチームになってする仕事だからこそだと思います。

案件に対して、部分的にではなく全工程に携われることが、メカニックの仕事の特徴でありおもしろさだと思います。何かものをつくるとき、お客さまの要求や、どんな場所でどう使われるのかを理解しているかどうかで、仕事に対するモチベーションも変わってくるし、品質にも大きく影響します。お客さまごとに違うものを都度考えながらつくる「カスタムメイド」という点も、当社の仕事のおもしろさだと思います。

お客さまのオーダーに沿って案件を回すことには慣れてきたので、最近は自分から提案して仕事をつくることを目標にしています。お客さまのニーズを見つけ出し、自ら図面を描いて形にする。まずは小さなものから、確実に実践できるよう経験を積み、どんな要求にも応えられるようになりたいですね。